スポンサードリンク






.
カテゴリ
最新記事
タグ
RSSリンクの表示
リンク
医療保険の選び方 重要なポイント


医療保険の選び方

医療保険で給付されるのは、商品によっても異なりますが、入院給付金、手術給付金、通院給付金、少額の死亡保険金などです。
各社とも保障内容に差があり、保険料も異なります。

医療保険は、各社がいろいろ特約を付けパッケージ化し販売されている医療保険商品が多いです。
通院特約や成人病特約、三大疾病特約、がん特約、女性疾病入院特約、高度先進医療特約、介護特約など、つけられる特約の種類は各社さまざまあります。


医療保険の選び方のポイントは主に3点です。


入院給付金は何日目から

給付タイプは主として、2日型(1泊2日入院から保障)、5日型(5日以上の入院で5日目から保障)、8日型(8日以上の病気入院で1日目から、5日以上のケガ入院で1日目から保障)の3タイプがあります。
考えなければならないのは長期の入院に対する医療費の自己負担額ではないでしょうか。
数日の入院費は日頃から準備さえしていれば充分対応できるのではないでしょうか。


給付日数はどれくらい

医療保険を選ぶ際のチェックポイントの1つは給付日数です。それぞれの保険を比較するポイントとなります。
給付上限が長くなるほど保険料は高くなるので、どのくらいにするかを保険料との兼ね合いで検討するとよいでしょう。
特に終身型の場合は、最長保障期間が長いほど安心感は高いといえそうです。


終身医療保険と定期医療保険

保険の契約期間が一生涯のものが終身医療保険で、一定の保険期間を定めたものが定期医療保険です。
それぞれの特徴を正確に理解して、どちらが自分にあっているかを決めることが大切です。

重要なことは自分と家族の現在と将来のライフプランに照らし合わせてみて、資金計画にどちらがよりマッチするかという点と、保障内容が自分の心配な点ををカバーできるかどうかという点を合わせて検討することが大切です。


医療保険の選び方 | 【2035-08-15(Wed) 00:53:09】 | Trackback(-) | Comments(-)